MENU

当日融資可能な時間帯とは?

消費者金融に限らず金融機関には営業時間というものがあり、その時間帯以外にはお金を借りることはできません。しかし最近の消費者金融はコンビニATMを利用することができますから、事実上当日融資可能な時間帯は24時間と言っていいでしょう。

 

しかし、申込と同時に融資を希望する即日融資の場合はそうはいきません。申込をしてから審査終了まで時間がかかるのです。多くの場合審査は30分から1時間程度で終わりますが、在籍確認等の手続があるので、もう少し時間が必要です。

 

時間との戦い

即日融資を宣伝文句にしている消費者金融が多いのですが、その前提は振込による融資です。振込なので時間制限があり、午後2時半までにすべての手続が終わり融資可能にする必要があります。

 

そのため、消費者金融の中には即日融資ができる受付時間帯を決めていることがあります。多くの場合午前中になっていることが多く、これを過ぎると審査は即日終わっても融資は翌日扱いになります。

 

契約後であってもATMで借入をするのであれば問題はないのですが、融資を振込で受ける場合は同様の問題点が生じます。午後3時が振込のタイムリミットですから、午後2時半がおおよその目安です。消費者金融によっては午後2時50分という場合もありますが、銀行系列の消費者金融ならではの離れ業です。

 

振込融資の良し悪し

最近消費者金融ではカードレスキャッシングが増加しています。利用者も消費者金融もメリットとが多いのですが、振込時間帯という壁は崩せません。ただ、最近はネットバンクを中心に24時間体制での振込ができる場合があります。

 

このような銀行であれば、文字通り365日24時間の振込が可能です。消費者金融もこのような銀行に口座を持っていますから、振込銀行をこれらの銀行に指定することで融資可能な時間帯は飛躍的に拡大します。

 

自分の口座に入金されれば、引き出しはコンビニで24時間可能です。銀行振込ができる時間帯がコンビニ並に拡大されれば、ローンカードによる融資はなくなるかもしれません。