MENU

レイクのサービスの特徴【コンビニATMでキャッシングする方法】

現在は新生銀行が提供しているカードローンであるレイクですが、昔は大手消費者金融の一角を占めていました。グレーゾーン金利訴訟や総量規制の導入により経営が悪化し、紆余曲折の上、現在は新生銀行の傘下に収まっています。

 

現在消費者金融は、貸金業法により年収の3分の1以上の貸付ができません。総量規制と呼ばれるこの規制により、大企業の正社員の方などは自分の信用力に比べ、低めの限度額しか借りれないのですが、レイクであればそのような心配は無用です。

 

銀行系カードローンの強み

総量規制の対象外であることは、有利な金利でお金を借りることができることを意味しています。これは、貸付金利の決定の大きな要素として融資限度額があるためです。

 

融資限度額が大きければ信用力があり、金利を低くしても問題はないと言うのがその理由です。もっとも、信用力のある人であっても少額の融資限度額を希望した場合には、金利は高くなります。金利はただ単に信用力だけで決まるわけではなく、最終的には融資限度額に合った金利が適用されているのです。

 

総量規制が適用されないことから、信用力のある人がレイクを申込むと、年収の3分の1以上の融資限度額が適用されます。当然消費者金融で申込をするよりも金利は低くなるので有利な借入が可能です。更に、銀行系カードローンは、消費者金融より利率が低めですから、ダブルで有利になるのです。

 

手数料無料

消費者金融の多くは、コンビニでキャッシングや返済が可能です。しかし、多くの場合、利用の都度手数料を徴収されます。場合によってはコンビニATMでは返済ができないこともあります。

 

しかし、銀行系の強みで、コンビニATMを利用しても手数料が無料というのは大きな強みです。新生銀行やレイクの店舗は数が少ないため、手数料を稼ぐために店舗に行くという事が難しいのです。

 

その対応として手数料を無料にしているのかどうかはわかりませんが、利用者側としては非常に便利なことは間違いありません。