MENU

キャッシングする際に必要なものとは?

キャッシングの申込をする際、消費者金融などの金融機関が一番気にしているのは本人確認です。現在では、規制緩和で50万以下の融資であれば源泉徴収票が無用ですが、運転免許証などの提示は必須であり、身分確認を確実にしています。

 

キャッシングの申込に必要なものは案外少ないです。50万円を超える申し込みをするのであれば源泉徴収票が必要ですが、そうでなければ運転免許証だけでオッケーです。

 

免許証は必須

最近は金融機関の本人確認が厳格です。単に銀行口座を開設するだけでも運転免許証で身分確認をし、書留郵便等でキャッシュカードを郵送することで確実に住所地に住んでいることを確認するのです。

 

お金を貸すキャッシングであれば更に厳格なことは当然です。金融事故を起こしたブラックリストの人が他人に成りすまそうとする事例が後を絶たないのです。最近は運転免許証の偽造防止の観点から免許証番号も情報機関に登録されています。

 

急いでいなければ収入証明書を持参しよう

源泉徴収票が不要であれば申込は便利ですが、融資限度額が少なくなるので利率が高くなります。長い付き合いになることを考えるとあまり賢い選択ではありません。どうしても今日中にお金を借りたいという場合なら別ですが、落ち着いて対応できるなら、源泉徴収票などの収入証明書を持参した方が賢明です。

 

収入証明書と運転免許証があれば、消費者金融のキャッシング申込は完璧です。自分の信用に応じた融資限度額を設定してもらうことができます。年収の3分の1が総量規制の融資限度額ですが、150万円以上の年収があれば50万円以上の契約ができる可能性が高いです。

 

印鑑は必ずしもいりません

銀行融資を受けたことがある人は、印鑑が必要ではないかと思っている人が多いようです。しかし消費者金融の窓口で口座振替申込を同時にするのであれば別ですが、それは後でも構いません。印鑑は必ずしも必要ないのです。

 

緊急でお金が必要な場合は注意力が低下しています。印鑑を持参しても紛失の危険性が高くなっていますから、余分なものは持ち歩かない方が賢明です。