キャッシング 利用 流れ

MENU

キャッシングを利用する際の流れ

キャッシングとは、コンビニ等のATMでお金を借りた金額を次の決済日に全額返済する形式のローンです。一括弁済が前提なので限度額は少額であり、それに伴い利率は高くなっています。

 

キャッシングは、クレジットカードに付随しているサービスであることが多いのですが、利用にあたっては返済ができるかどうかの確認を自分ですることが大切です。

 

借りる時は気楽です

キャッシングは、クレジットカードに付随したサービスなので、申込の際に登録しておけば利用してもしなくても問題はありません。ちょっとお金が足らないという時に気軽に借りることができるのはキャッシングの魅力です。

 

似た融資商品として消費者金融のカードローンがあります。しかし、これを使うためには申込が必要です。最近は審査スピードがかなり速いため、通勤電車で朝の時間帯に申込をしておけば、大抵その日のうちに自分の口座に振込をしてくれます。

 

しかし、改めて申込をするのは面倒であることは間違いありません。金利が高いとはいえ、借りる金額が1万円単位であれば絶対的な利息の金額は少額です。

 

返済が厳しいのがキャッシング

とはいえ、返済時期になると大変なのもキャッシングです。自分の給料の範囲内で返済できればいいのですが、キャッシングをした金額を一括で返済することが基本ですから、その月のクレジットカードの引落ができなくなる可能性があります。

 

そのため、危ないなと思ったら早期に消費者金融などのカードローンに切り替えた方が賢明です。支払遅延を1回したところでいきなりブラックリストとして登録されることはありませんが、信用が落ちてしまいますから避けるべきなのです。

 

どうせなら最初からカードローン

キャッシングは気楽に利用できる半面、返済に苦労しがちです。利用金額があらかじめ高額であると分かっているなら、最初から消費者金融のカードローンを申込んだ方が賢明です。人によりますが、融資限度額も大きいので、利率も低めです。

 

即日融資を望む場合はかなり慌ただしくなりますが、そうでなければじっくりと消費者金融を比較することも可能です。