キャッシング カードローン

MENU

キャッシングとカードローンの違いとは?

キャッシングもカードローンもお金を借りるという点では同じです。両者の違いは返済方法です。キャッシングは一括で返済するのに対し、カードローンは分割払いです。そのため、キャッシングは限度額が低いことが多く、カードローンの限度額は非常に高いです。

 

キャッシングはクレジットカードのおまけのように考えている人も多いようですが、一種の融資枠です。そのため、カードローンを作る際に融資枠を減らしてしまう要因になるので注意が必要です。

 

返済方法の違いによる差

クレジットカードのキャッシングを利用すると一括での返済が基本になります。そのため翌月の決済日までに返済資金を準備する必要があります。利率が結構高いのですが、借りる期間が1か月か2か月程度なので絶対額は多くなりません。

 

これに対し、カードローンは分割払いの返済になります。しかも返済額が少額なので完済までに期間がかかることが多いです。しかもこの返済額が最高利率を適用した場合の利息の金額にほぼ等しいため、元本が全然減らないと言う欠点があります。

 

カードローンを利用する際は繰上返済が必須だと言われるのは、このように元本が全然減らないためです。言い方を変えれば、繰上返済をしないと支払が永遠に終わらないのがカードローンなのです。

 

どちらがいいか?

キャッシングとカードローンのどちらがいいかと言われれば、融通が利くのはカードローンの方です。毎月の支払額は最低限で固定されていますから、資金的に厳しい月にも安心です。そして、余裕がある月に繰上返済することで残高を減らすことが可能です。

 

少額の借入であれば、給料日などに一括返済することが可能でしょう。一括返済すれば利息の金額は非常に少額です。クレジットカードのキャッシングでも繰上返済は可能ですが、手続が面倒ですしカード会社に対して自分で振込をする必要があり不便です。

 

カードローンは、普段は分割払いという便利な支払方法を利用することができて、いざとなったらキャッシングのように一括返済もできる二面性を持っているのです。