MENU

信用情報とは?【コンビニATMでキャッシングする方法】

消費者金融などでお金を借りる際、申込書に自分の信用情報を照会することと、借入情報の登録を認める旨の承諾をしているはずです。承諾しないと受付ができないことになっていますから、承諾しているはずなのです。

 

この信用情報により、自分が過去に利用していた消費者金融やクレジットカードの状況がわかります。もし金融事故といわれる支払遅延、又は任意整理に伴う契約変更、更に自己破産などの法的手続があれば、俗にいうブラックリストとして登録されているはずです。

 

信用情報がないと今の制度は成立しない

現在の消費者金融では年収の3分の1以上の貸付ができないことになっていますが、他の業者がいくら貸しているかを調べる手段は信用情報だけです。信用情報がないと今の貸金業法の制度は成立しないのです。

 

信用情報は、本来申込者が現在どのような借入をしているかなどという、審査に必要な資料を取得するためのものです。現在ではすべて電子データで送られてきますから、コンピューター審査では都合がいいのですが、本来の利用目的以外の目的が大きなウェイトを占めるようになっているのは皮肉な話です。

 

ブラックリストは怖い

金融事故などを起こすとブラックリストと呼ばれる登録を信用情報機関にされてしまいます。この登録がされると、消費者金融などの借入は当然ですが、クレジットカードの申込もできなくなります。現在使っているクレジットカードも更新時期に照会をされてしまうと更新ができなくなります。

 

ブラックリストに載ると言われるこれらの登録は怖いものがあり、登録が抹消されるまでの期間は日常生活に著しい不便を強いられることになってしまいます。支払うべきお金は絶対に返済することが大切です。

 

免許証番号も収集している

信用情報機関では運転免許証番号も収集しています。ある時期から免許証番号をクレジットカードなどの申込の際に記入されることとなりましたが、これを登録することで他人に成りすました被害を防ぐことが可能になりました。

 

しかし知らないうちに自分の情報を収集されているのは怖いものがあります。データのセキュリティはしっかりしているはずですが、気味が悪いのも事実です。