MENU

総量規制とは?【コンビニATMでキャッシングする方法】

現在消費者金融でお金を借りようとすると、年収の3分の1までしかお金を貸してくれません。これは他の無担保融資との合計額で、いくら信用力がある人でも同様です。このような融資規制があるため、借りすぎを防止することができます。

 

その反面、限度額に達してしまった人が借りる先がなく、ヤミ金の餌食になるという弊害が発生しています。長所もあれば短所もあるのが貸金業法で定められている総量規制です。

 

総量規制の実効性

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者の業法である貸金業法という法律で定められている融資制限です。自社だけではなく、他の貸金業者の無担保融資の合計額が年収の3分の1以内に収まっている必要があるのです。

 

他の消費者金融の貸付などわからないではないかと言われそうですが、貸付や融資限度額の設定がされると、信用情報機関に登録がされることになっています。そこからデータを照会することができるのです。

 

総量規制は結構厳格に運用されており、ちょっとしたミスであっても総量規制を超えた融資が表面化すると、その支店は営業停止などの処分を受けることになります。

 

被害拡大

しかし、総量規制を厳格に適用しているため弊害が起きています。借りることができなくなった人が次々とヤミ金の餌食になっているのです。総量規制を超えてしまっても、借りたい人の資金需要が止まるわけではありません。これを機に自分の生活を見直せばいいのですが、そのような人ばかりではないのです。

 

政府広報や警察ではしきりにヤミ金撲滅をスローガンのようにしていますが、根本的に総量規制が厳しすぎるのが原因です。しかも、総量規制がない銀行ではカードローンの限度額を年収の半分程度と設定していることが多く、不公平ではないかと言われています。

 

見直しの噂

さすがに政府も問題を直視したのか、一部新聞報道によると、この総量規制を見直す動きがあるようです。しかし、対象になるのは大手の消費者金融に限定されるようで、本当に資金を必要としている信用力の低い人は救済されない可能性が高いです。