MENU

おまとめローンとは?

借金が多くなり、借入先も複数になると返済が大変になります。また、返済が毎月いくつもあると気が滅入ってくるものです。このような時に消費者金融のおまとめローンは随分と力になってくれます。

 

通常、消費者金融は年収の3分の1までしかお金を貸してくれません。しかし、おまとめローンはその制限を撤廃しています。その代り使途はローンの借り換えに限定され、カードローンのように追加借入はできません。

 

救世主

消費者金融のカードローン限度額まで借りてしまうと、別の借入が必要になります。こんな感じで借入先をどんどん増加させると、毎月の返済額が多くなり、返済先も増えます。自分が借金のために生きているのではないかと思ってしまいます。

 

おまとめローンは、このような借入を一本化することで、利息負担を軽減するローンです。大抵の場合、利率が下がるので毎月の支払額が減るのです。しかも返済先が一つなので気が楽になります。悩んでいる人にとっては正に救世主と言っていいでしょう。

 

返済だけ

しかし、いいことばかりではありません。おまとめローンは読んで字の如く借金をまとめることが目的なので、返済だけのローンです。つまり追加借り入れができないのです。今まで、複数の消費者金融で借り続けていた人は生活の見直しが必要になります。

 

これはおまとめローンが、貸金業法の特例として位置づけられていることによります。年収の3分の1という規制がない代わりに、使途を限定して追加借入ができないようにしているのです。

 

挫折しないような計画

おまとめローンを使う人の注意点は、最初に挫折しないような返済計画を立てることと、自分の生活を変えることです。借金が膨れ上がった原因を自分で考え、反省するとともに返済資金と生活資金を自分の給料の範囲内に収める必要があるのです。

 

おまとめローンを始めた人の中には返済計画に無理があり、結局返済不能になってしまう人が少なからずいます。おまとめローンで返済できないと的整理に頼るしかなくなります。ブラックリストに長期間載り続けることになり、自分の人生にとっても汚点となります。