MENU

キャッシングする際に収入証明書は必要?

キャッシングの申込をする際、昔は収入証明書が必ず必要でした。しかし、現在では50万を下回る融資の申込であれば収入証明書はいりません。ただし、いくつもの消費者金融を申込んでいる場合は提示を求められる場合があります。

 

おかげで、急にお金が必要だからと消費者金融に申込をすることができるようになりました。免許証は持ち歩いている人が多いでしょうが、源泉徴収票を持ち歩いている人は皆無でしょう。

 

急いでいるときは50万以下

急にお金が必要になったため、消費者金融で借りようとする人は相変わらず多いようです。以前は源泉徴収票の確認が必要だったため、うまくいかないことが多かったです。最近では50万以下の融資であれば収入証明がいらないので助かります。

 

朝の出勤前は忙しいものです。それに加えて今日お金が足りないから消費者金融に申込をしないといけない思っているのですから、必要なものは何かと考えている余裕はないでしょう。そのような時は50万以下の申込をすることで、運転免許証の提示だけで即日融資が可能です。

 

どうしてもお金を借りたいのであれば、融資希望額をギリギリまで少なくして万全を期すことも大切です。いきなりお金が必要だからという場合、50万以上の融資が必要なことは多くないはずです。

 

後で増枠申請

ただし、融資限度額が少ないと利率が高くなり、不利な契約を結ぶことになります。自分の信用に応じた増枠申請をすることで、より有利な契約に変えることができます。

 

キャッシングをした後に繰上返済をすることで、より信用が高くなります。コールセンターなどに電話をして増枠申請の申込方法を聞いてみるといいでしょう。

 

いくつも申し込むのはやめましょう

収入証明書が不要なことをいいことに、いくつもの消費者金融に自分の年収をごまかして申込をする人も少なくないようです。ごまかさなくても、源泉徴収票を紛失等したため複数の申込をする人もいるようです。

 

紛失した源泉徴収票は会社に頼めば再発行してもらえます。いくつもの申込をすると信用が落ちますし契約も不利です。できるだけ消費者金融は1つにまとめた方がいいのです。