MENU

利息の計算方法とは?【コンビニATMでキャッシングする方法】

キャッシングの利息は一日単位で計算がされます。毎日利息計算がされて累積していくことになります。一般的に消費者金融などのキャッシングは利息が高いと言われますが、利率が高いだけではなく、1日単位で細かく計算されるため借りた金額の割に高いなぁと言う印象を受ける事も一因です。

 

割高に思える理由

キャッシングをしてもカードローンの場合は、毎月の返済金額が低額であり、しかも金額が低いです。そのため利息の金額を意識することはありません。しかし、クレジットカードのキャッシングは次の決済日に全額請求されるため、利息の金額を目の当たりにします。

 

10万円を18%で借りると、キャッシングの場合は次回に10万2千円ほどの請求があります。1か月借りただけで2千円もの利息を支払うのはびっくりする人も多いでしょう。借りた日によって金額に違いはありますが、借りてから決済日まで最長2か月弱あるため金額が多くなるのです。

 

カードローンの場合も利率はほぼ同じですから、自分の知らないところで元本に利息を追加されているのです。毎月の返済額は少ないのですが、利息として追加された金額程度の支払額なので、繰上返済しないと元本が一向に減りません。

 

カードローンが有利な理由

しかしキャッシングしただけで2千円の利息になるのは、次回の決済日まで期間があるためであり、繰上返済をすることができればもっと少なくなります。ただしキャッシングの場合繰上返済がやりにくく、利息計算上かなり不利になるでしょう。

 

その反面、カードローンの利点は繰上返済が比較的やりやすく、借りた金額が少額であれば早めに完済することで利息の金額が100円とか10円単位にすることが可能です。請求してもらうのが申し訳ないような金額の利息を見ると、割高感は感じられず、困った時に助かったと言う安心感もあり、割安だと思う事もあるでしょう。

 

クレジットカードのキャッシングは利率が高いから不利だと言われていますが、利率自体は消費者金融のカードローンと変わりません。むしろ繰上返済の可否によって割高感と割安感の差が出ているのです。