キャッシングローン 銀行

MENU

自分の評判を守りやすい

銀行系キャッシングローンは、自分の社会的な評判を守りやすいのが特徴です。

 

社会的に信頼が厚い銀行から借りられるので、同じ少額融資としても、やはりノンバンクよりは好印象になります。

 

現在の職場に電話をかけられる在籍確認でも、銀行であればクレジットカードの審査だとごまかせて気楽です。

 

その銀行の普通口座があれば、キャッシングローンの申し込みとしても別扱いになるケースが珍しくありません。

 

一番時間がかかる本人確認を省略できる為、手間をかけずに少額融資を受けられます。

 

銀行の支店のATMやオンラインで現金を借りられるから、他人の目を気にせずに堂々とした態度で生活できます。

 

低金利で借りられる

少しでも低い金利で借りることが、キャッシングにおける秘訣です。

 

その点においては、銀行系キャッシングローンがノンバンクを大きく上回っており、利用実績を積み上げることでの金利引き下げとしてもかなり期待できます。

 

少額融資であっても、支払いで不足している約1万円をその都度借りるタイプから、生活費に困って50万円ぐらいを一気に借りるタイプまで様々です。

 

そのため、融資限度額によって金利が決まるケースが多く、その中でもさらに信用に応じて上下の幅があります。

 

銀行系キャッシングローンは、最低金利としても群を抜いていますし、通常金利としてもノンバンクより有利になりやすいです。

 

保証会社の審査も行われる

銀行の借り入れでは、必ず債権回収をする為の保証をつけます。

 

フリーローンである銀行系キャッシングローンにおいては、ノンバンクを保証会社につける形で解決しているのです。

 

利用者の目線では、特に担保も保証人もいらないという形態になります。

 

審査時に保証会社の審査も同時に行われるのが、銀行から借りる場合の最大の特徴です。

 

原則的に貸し付ける方向で審査してくれますが、期日遅れの延滞を繰り返しているなどの個人信用情報があったら分からなくなります。

 

万が一、銀行系キャッシングローンで延滞したら、保証会社が立て替えて対処します。

 

そして、以後は保証会社に対して返済する義務を負うのです。