MENU

銀行カードローンとは?【コンビニATMでキャッシングする方法】

カードローンという融資商品は、昔は消費者金融しか取り扱っていませんでした。銀行でも一部取扱があったのですが、銀行の顧客層とは違う相手を審査することは難しく、中途半端な存在でした。

 

しかし、過払い金請求や総量規制の導入で体力が弱った消費者金融が銀行傘下に入りました。それにより、カードローンの審査手法が銀行に持ち込まれ、銀行でも消費者金融並みのカードローンが取り扱われているのです。

 

消費者金融より低金利でサービス充実

銀行と消費者金融では、資金調達コストが違います。銀行は、冗談のように低い預金金利で集めたお金を貸しつけるわけですから、有利なことは当然です。また、消費者金融はいくら低金利とはいえ、銀行からお金を借りて営業をしているのですから金利が高いのは当然です。同じ土俵で戦っているわけではないのです。

 

また、銀行カードローンはサービスも充実しています。ATMの時間外利用料やコンビニATMの利用手数料が無料であることが多いのです。消費者金融で同様のサービスをしているところはほとんどありません。これは銀行と消費者金融ではコンビニATMの取引量が違うために起きる差です。

 

債務整理では怖い存在

とはいえ、万が一支払が苦しくなり、債務整理等の必要が生じると銀行は手ごわい相手になります。債務整理の通知をすると、銀行は利用者の預金を凍結します。そして、自行の融資残高を全額回収してしまうのです。

 

預金口座を凍結されると預金の引き出しはできません。給与振込をその口座にしていると悲劇です。低い金利の陰には万が一の際に牙をむく銀行の存在があります。

 

信用力があればお勧め

もっとも、信用力があれば消費者金融より銀行カードローンの方がお勧めです。銀行カードローンは、消費者金融と違って総量規制の影響を受けず、銀行が決めた与信枠で融資限度額を決めてくれます。

 

万が一の際には怖い存在になることは間違いありませんが、融資限度額が大きければ利率も低いです。大企業に勤めている人などであれば、銀行カードローンのほうがお勧めです。