コンビニATM

MENU

コンビニATMの特徴

最近のコンビニの充実ぶりには驚かされることばかりです。

 

ファミリーマートやローソンでは、独自の情報端末が設置されていて、そこからチケットを購入したり各種手続きを行うことができます。

 

また、最近ではATMが設置されるのが当たり前になってきました。

 

わざわざ銀行のATMまで行かなくても、コンビニで銀行口座からお金を引き出したり振込手続きも行えるのです。

 

各コンビニ会社のATMで、その特徴は実に異なるものなのです。

 

今回は、コンビニ各社に設置のATMの特徴について紹介していきます。

 

セブンイレブンATMの特徴

セブンイレブンのATMは、セブン銀行のものとなります。

 

多くの銀行や農協などと提携しているのが特徴となっています。

 

何と言っても、セブンイレブン自体が多いのが特徴ですよね。

 

また、セブンイレブンのATM独自の機能として、nanacoへのチャージも行えます。

 

ローソンATMの特徴

ローソンのATMは、メガバンクを中心に、地銀やゆうちょ銀行のカードが利用出来ます。

 

また、野村證券などの証券会社や生保会社の取引も行うことができます。

 

生保会社の取り扱いを行っているのは非常にありがたいですね!

 

使い勝手の良いATMの一つでもあります。

 

ミニストップATMの特徴

ミニストップのATMは、イオン銀行が設置しています。

 

イオン銀行の取引だけでなく、楽天銀行やゆうちょ銀行、メガバンク、地銀などの取引も行えます。

 

硬貨の利用もできるATMが設置されているケースがあるので、とても便利なのが特徴です。

 

手数料が若干高めなのが玉に瑕といえます。

 

ファミリーマート・サークルKサンクスATMの特徴

ファミリーマートの旧am/pm店舗以外やサークルKサンクスなどでは、イーネットのATMを設置しています。

 

イーネットはコンビニATMの走りと言っても過言ではない存在です。

 

設置台数も圧倒的に多いのが特徴です。

 

取り扱い銀行もほとんどの銀行に対応していますし、生保会社の取り扱いもあります。

 

住信SBIネット銀行の取り扱いに強いのも非常に良いですね。