MENU

主婦や学生でもキャッシングはできる?

消費者金融でカードローンなどを申込む際に説明資料を読むと、安定した収入がある人と出ています。返済能力がない人にお金を貸すわけにはいきませんから当然のことでしょう。

 

しかし、銀行が企画しているカードローンでは専業主婦でも借入がオッケーと出ています。本来無収入のはずの専業主婦がどうしてお金を借りることができるのかは疑問です。

 

銀行カードローンの謎

カードローンを提供している金融機関は、銀行と消費者金融、更に信販会社です。消費者金融と信販会社は貸金業法の関係で年収の3分の1という融資制限があります。しかし銀行にはこのような制限がありません。

 

そのためか、銀行によっては専業主婦でも融資ができると宣伝していることがあります。ちょっと信じられない話ですが、限度額が最低限なものの、実際にキャッシングの限度額を設定されていることは間違いないのです。

 

カードローンであっても、銀行の審査は消費者金融や信販会社より厳しいと言われています。どういうことなのでしょうか。

 

専業主婦は案外堅い

専業主婦であるという事は旦那さんがいます。銀行かが注目しているのは旦那さんの存在です。きちんと返済が続いていれば旦那さんに何の連絡も行きませんが、支払遅延が起きると旦那さんに請求をするのです。

 

また、旦那さんが申込をする銀行に給与振込をしていれば、専業主婦に貸すと言うよりは旦那さんに貸すようなことになります。給与振込のデータを見れば、旦那さんの年収も会社名も、社内の地位もわかってしまいます。

 

専業主婦にお金を貸してどうするんだと言われがちですが、貸す側から見ると専業主婦は結構堅い貸付先であると言えるのです。

 

本当に無収入なら無理です

ただし、無収入の学生がキャッシングの申込をしてもまず通りません。アルバイトの収入があれば別ですが、専業主婦に比べると父親が必ずしも助けてくれるとは限らないからです。

 

また、未成年の場合は、親の承諾も必要です。学生がキャッシングの申込をするのは結構難しいと思った方がいいでしょう。