MENU

信用情報機関とは?

消費者金融に限らず、お金を借りる時は他の借入をどのようにしているかを金融機関側は気にします。今までの借入履歴は審査で一番大切だと言って過言ではなく、借入履歴に問題があると審査自体してくれないことがあります。これを確認するために今までの借入事績を管理する機関があり、信用情報機関と言われています。

 

信用情報機関は、大きいものが3つあり、銀行・消費者金融・信販会社というグループ別に設置しています。相互に情報は交換しているため、消費者金融の借入が多い場合も銀行などの借入の際にばれてしまいます。

 

ブラックリスト

信用情報機関の話で一番話題に上るのはブラックリストではないでしょうか。最近は携帯電話の利用代金を遅延するだけでブラックリストに載る時代です。支払うべきものは支払わないと自分が困るのです。

 

ブラックリストとは、借入金などの支払遅延をしたり、自己破産などの債務整理をした人の登録のことです。このような登録がされていると、ほぼすべての消費者金融などで融資をしてくれません。金融取引ができなくなる村八分状態になるのです。

 

もっとも、支払遅延とは言っても1か月程度遅れた程度で載ることはありません。クレジットカードの支払が遅れても、自分でカード会社に電話をして指示に従えば、カード会社自体でも問題にしない事が多いです。

 

信用は自分の財産です

信用情報機関のデータは、自分の金融取引の履歴です。長年クレジットカードやローンを使ったりして、問題なく決済していればそのこともわかります。ブラックリストが最低ランクだとすれば、長年問題なく利用しているという実績は最高ランクです。

 

運転免許証と違い、ゴールド免許のような制度は信用情報機関にはありません。しかし、銀行の審査では、過去の実績をしっかり確認することが多く、長年問題なく多くの利用をしている人は信用が上がると言われています。

 

開示請求

自分がブラックリストに載ってしまったのではないかと気になったら、一度開示請求を依頼するといいでしょう。自分の身分証明書をコピーして信用情報機関に送ると開示してくれます。情報機関によっては受付窓口があってそこで対応してくれることもあります。